整形前に知っておきたい埋没法と切開法の違い

Update Article

簡単に行える埋没法でもしっかり選びたい美容外科

Read...

二重整形の2つの種類と埋没法の2つのメリット

Read...

コスパが良いことが一番のおすすめする理由です

Read...

こっそり整形したい方にはオススメの埋没法

Read...

施術前に知りたい!埋没法と切開法

今や「プチ整形」とも言われ、気軽に整形が可能なのが二重手術。その手術方法には2種類あります。主にプチ整形として一般的に施術されるのが「埋没法」です。埋没法とは、二重にしたい幅に合わせて皮膚を糸で留める方法です。痛みも比較的少ないので、痛みに弱い方も安心。15分~20分ほどの短い時間で施術が可能です。費用も比較的抑えることができ、二重の幅が気に入らなければ糸を外してやり直すことも可能ですよ。
もう一方の切開法は、まぶたにメスを入れる施術です。実際にメスを入れるので、埋没府に比べ痛みも強く、腫れがひくまで時間もかかります。しかし、しっかり二重のクセをつけることができます。腫れぼったい二重の方でも、幅の広いくっきりした二重が作れることがうれしいポイントですね。
埋没法にも切開法にも、それぞれメリットとデメリットがあります。目の形やまぶたの厚さによって、どちらの施術法が合うか個人的にも違ってきますよ。どんな幅の二重にしたいかや、施術後の腫れに対応できる時間で決めてもいいですね。プチ整形と言っても手術には変わりありません。しっかりしたクリニックを選び、スタッフの方とじっくりカウンセリングすることをおすすめします。

埋没法をする時のメリットとデメリット

ぱっちり二重にあこがれる一重さんも多いと思います。今は簡単に二重に整形出来る事をご存知でしょうか?整形は体にメスを入れるのが怖い、と言う方にお勧めなのが埋没法での二重手術です。そもそも二重にする手術には埋没法と全切開の二種類があるのですが、全切開は体にメスを入れることになるため費用も高額ですし、傷が残ることもあります。
しかし、埋没法は数万円から出来る方法で、かなり手軽ですし、メスを入れる代わりに皮膚に糸を入れ皮膚を引っ張ることで二重を作るので、大きな傷も残りにくいです。人により、合う合わないはありますが、多くの方がこの埋没法を選んでいることは事実です。また痛みもさほど大きい物でなく腫れも少ないので、整形したなんてばれる事は少ないのではないでしょうか。もしもなにか言われても、アイプチしているといえば誤魔化せます。
ただし、どんな方法でもデメリットはあります。皮膚に糸を入れている訳ですから、その糸が緩んできたり眼球の裏側に出てきて目が痛い、違和感を感じる、最悪の場合は後遺症が残ったなんていう事も、ごくまれにですが起こるようです。手術をするしないはもちろん個人の自由ですし、することで自信が持てたり、気分が明るくなるなど良い事も沢山あると思います。しかし、どんなことにもリスクはつきものですので、それを見極めたうえで一つの選択肢にするとよいのではないのでしょうか。