簡単に行える埋没法でもしっかり選びたい美容外科

Update Article

簡単に行える埋没法でもしっかり選びたい美容外科

Read...

二重整形の2つの種類と埋没法の2つのメリット

Read...

コスパが良いことが一番のおすすめする理由です

Read...

こっそり整形したい方にはオススメの埋没法

Read...

できるだけ控えめな二重整形をしたい人

目を二重にしたいのだけど、あまりにもっていう感じではなく、自然な二重にしたいと思う人もいるでしょう。でも、実際にどれくらいが自然なのかって、素人ではわからないですよね。二重整形をする人の中には、いわゆるぱっちりした二重を作る人ばかりではなく、奥二重を作るという選択をする人もいます。
奥二重というのは、まぶたの中に二重の線が隠れている様な二重で、形やまぶたの肉付きによっては一重に見える人もいます。中には若い時は太っていて一重だと思っていたのに、年頃になって痩せてきて奥二重だったことに気づくという人も少なくありません。はっきりとした二重というのではなく、一重の要素もあるという控えめな印象の二重です。初めて奥二重を作る人には埋没法がオススメです。
埋没法はメスで切開をせずに、糸で留めて二重を作る方法なのですが、腫れがあまりなく、自然な仕上がりになります。また埋没法の場合、もしも気に入らなかった場合、糸を外すことで元に戻すことができるので、特に控えめな二重にしたいと考えている人には「戻せる」というポイントでこの二重整形がオススメなのです。もしも絶対に直ってしまわない二重にしたいという場合は、切開法の二重整形を選択するということも可能なので、医師と相談の上、決めるといいでしょう。

二重整形の埋没法の種類とは?

まぶたの形状は顔の印象を大きく左右するものです。
現代では二重のまぶたが美形のステータスとされており、二重まぶたに憧れる方も多いのではないでしょうか?そんな二重整形の埋没法の種類とはどういったものがあるのでしょうか?埋没法とはまぶたの中に糸を埋め込み、人工的にまぶたの皮膚が引っ張られて二重まぶたになるという仕組みとなっています。その埋没法はいくつかの種類があります。まずは最も一般的な瞼板法という手法があります。
こちらは瞼板という軟骨組織の箇所に糸を留めることで二重ラインを作ることが出来るのです。一方挙筋法と呼ばれる方法は、目を開けるための筋肉である挙筋と呼ばれる部分に糸を掛けるのが挙筋法です。これらは留める部位が違いますが、その効果にも違いが現れます。挙筋法は熟練した技術が必要であり、そのため糸が外れてしまうリスクも同様存在するものです。
一方で瞼板法は良好な結果になりやすく、糸が外れにくいメリットがある反面、目の負傷の危険性が出てきてしまう手術方法となっています。どちらもメリットとデメリットがはっきりしている分選ぶ際にも好みが分かれるようです。無論医師の技術力が求められるため、二重まぶたの整形を行う場合は信頼出来る医院選びは必須です。その上でどちらの整形方法が自分に合っているのかを判断しましょう。