二重整形の2つの種類と埋没法の2つのメリット

Update Article

簡単に行える埋没法でもしっかり選びたい美容外科

Read...

二重整形の2つの種類と埋没法の2つのメリット

Read...

コスパが良いことが一番のおすすめする理由です

Read...

こっそり整形したい方にはオススメの埋没法

Read...

二重整形の方法を選ぶにあたって

二重整形の方法は大きく2つあり、それが埋没法と切開法です。プチ整形と言われる簡易なものが「埋没法」というものです。当然、それぞれの方法には長所短所、特徴があり、まぶたの状態や年齢、予算に応じて二重整形の方法には違いがあります。どちらの方法を採用するかは、手術するドクターと事前カウンセリングを十分に行なって方法を決定します。
埋没法は、施術が簡易なため多くの人達が気軽に施術されています。その方法はメスを使わずに特殊な糸を使用してまぶたを縫い合わせることにより二重ラインを形成する方法です。手術時間は10分程度で行なえることから、この方法は初めて二重整形に挑戦している人に最適です。二重整形後の腫れや痛みが少なくすぐに日常生活に戻ることができるため学生や若い会社員に人気の方法です。なお、手術後2,3日もすれば、アイメイクも可能となっています。
一方の切開法はまぶたを切開して必要のない脂肪を取り除き、二重のライン形成します。この方法では、まぶたを切開するため、二重ラインの仕上がりがきれいで半永久的に二重が維持できることが大きなメリットです。しかし、手術にかかる時間は30分ほどかかり、術後の腫れや痛みが人によって異なりますが、通常は約1週間続きます。切開法で行うのに適している人は、元々のまぶたがとても分厚い人や、二重のラインの幅は狭い方が良いという人が適しています。

埋没法で二重整形をする2つのメリット

二重整形をする時にメスを使用する切開法を選択すると持続力が高まって二重の状態を長く保ち続ける事が出来ます。しかしメスを使用するのは不安だと感じる人も多いので最近では糸を使用して二重まぶたを作っていく埋没法で二重整形をする人が増えてきています。そこで埋没法で二重整形をするとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。
【自然な仕上がりになる】最近では医療技術が進歩していますが、切開法で二重整形をするとメスで切開した部分が傷跡として残ってしまう事が多いです。しかし埋没法で二重整形をする時はメスで切開しないので傷跡はほとんど残りません。それにより施術後も傷跡がほとんどない自然な仕上がりになるので他の人に二重整形をしたのを内緒にする事が出来ます。
【ダウンタイムが短い】二重整形をした後はまぶたが腫れてしまう事が多いです。特に切開法で二重整形をした時はまぶたの腫れが治るまで2~3週間かかってしまう事があります。しかし埋没法で二重整形をした時はそれほど負担がかからないのでまぶたの腫れも1週間ぐらいで治ってしまいます。ダウンタイムが短いのですぐに日常生活に復帰する事が出来ます。
埋没法で二重整形をするとこのようなメリットがあるので今後も埋没法を選ぶ人が増えてくるでしょう。