こっそり整形したい方にはオススメの埋没法

Update Article

簡単に行える埋没法でもしっかり選びたい美容外科

Read...

二重整形の2つの種類と埋没法の2つのメリット

Read...

コスパが良いことが一番のおすすめする理由です

Read...

こっそり整形したい方にはオススメの埋没法

Read...

埋没法切開法それぞれの特徴について

二重にする整形方法はいくつか種類があります。糸で筋肉をとめて二重のラインをつくる「埋没法」メスを使う「切開法」などです。まず、「埋没法」に向いている方として、まぶたの脂肪が薄い方です。あまり分厚すぎると数年経って色がたるんでしまい、二重の幅が小さくなってしまったり、糸がとれてしまったり場合もあります。すべての方がそうではなりませんが。
あとは、そこまで大きな二重を希望しない場合です。平行二重や幅の極端に広い二重をすると、また上記のような状況になってしまう可能性があります。一重だと目つきが悪く見えてしまうから、それを改善したいぐらいの気持ちの方、そんなに二重の線を広くしたくない方には埋没法というプチ整形法でも十分です。逆に「切開法」がおすすめできる方としては、平行二重など、とにかく目を大きく見せたい、芸能人のような印象的な二重になりたい!という方は切開法などの取れにくいタイプの整形手術がおすすめです。
また、目の脂肪が分厚い方などにも切開法はおすすめですね。そして、絶対に二重が取れるような事があっては嫌!という方にもおすすめですね。ただ、切開法の方がダウンタイムが長いので、最低でも一週間は必ず仕事などは休むようにするのがおすすめです。

こっそり二重整形をしたい人はどうする?

二重整形をしたいけれど、できるだけ人には知られたくないという場合、どうすればいいでしょうか?もちろん、医師の経験や技術なども大きく関係してきますが、基本的には腫れがあまりないなど、総体的にリスクの少ない二重整形を考えるといいでしょう。まずは、手術自体の方法ですが、切開をせずに糸で止める埋没法が腫れの少ない手術になります。埋没法で二重整形にする場合にできるだけバレない様にするには、使用する糸にポイントがあります。
基本的に硬い、太い糸を使用した場合、当然仕上がりはわかりやすい状態になります。最近では血管を結ぶ糸が使用されている病院が増えているので、ホームページやカウンセリングの際にどんな糸を使用するのかということを確認するといいでしょう。また、使用する糸の種類だけではなく、どんな風に止めるかということにもポイントがあります。
腫れのリスクを回避するために、止める箇所の範囲を減らしたり、糸を強く締めない医師もいるのですが、腫れは少なくとも、糸の結び目が目立ってボコボコしたり、すぐに外れてやり直しなどのリスクが高まりますので、腫れにくいが、なおかつ取れにくいという手術がお勧めです。手術後には、腫れを抑制したり、内出血や炎症などを抑えたりするための薬が処方されるので、医師の指示にきちんと従うことです。術後三日程度は、できるだけ安静に、そして患部を冷やす様にしましょう。